家づくりの期間と費用

■ 家づくりの期間

木造2階建て30坪前後の住宅で考えた場合、設計監理契約から竣工引き渡しまで、早くて1年、もしくは1年数ヶ月かかります。また、計画の規模や諸条件、必要とする各種申請手続きの内容によって、期間が延びる場合があります。

なお、設計契約時に、竣工引き渡しまでのスケジュール表を作成し、流れを説明いたします。そのスケジュール表をもとに、随時、業務の進捗状況を説明いたします。

 

■ 家づくりの費用

1.工事費について

製品として売られている物には定価があり、住宅で言えば、それが建て売り住宅です。しかし、建築家は、住宅を一から設計しますので、設計依頼を受けたその時点では、定価のように確定した金額を伝えることはできません。
しかし、どの場合に於いても予算がありますので、その予算をにらみつつ設計内容を一つ一つ積み上げ、建て主の希望と予算との間に、整合性が保てるよう検討を繰り返していきます。
それが設計作業であり、見積もり調整作業となります。設計のご相談の時点で、「いくらかかりますか?」とよく聞かれます。当然のことと思います。しかし、予算の中で何が実現可能かを一つ一つ検討し、予算も含めた様々な条件の中から最良を探し形作ることが、建築家の役割となります。

尚、基本設計時から実施設計完了時までは、概算費用を算出し、設計内容に対する概算工事費を認識していただきます。実施設計完了後、工務店から見積を取り、見積調整業務を行ったうえで、工事費が確定いたします。また、着工後の変更工事による工事費の増減についても、建て主と工務店の間に立ち、調整業務を行います。

2.設計料について

総工事費の13%+構造計算費2%としています。(消費税別)
ただし、最低設計監理料は350万円になります。

※確認申請、その他申請業務(長期優良住宅・フラット35各種・住宅性能評価 等)、測量、地盤調査、完成後の登記等に関わる費用は含まれません。
※遠方の場合は、交通費を別途、実費にて頂きます。