書籍

小さな家の間取り解剖図鑑(著者 本間 至)
いざ家を建てるとなると、できるだけ広くしたい、と思ってしまうのは無理からぬことだと思います。しかし一方で、広い家は小さな家よりも、本当に暮らしやすい家となるのでしょうか。この本では、必要以上に広くしなくても、必ず居心地の良い家が実現できる、そのことを、実際に建てた家の間取りをひも解くことで、少しでも理解していただければ、との思いで書いてみました。

いつまでも快適に暮らす
住まいのセオリー101(著者 本間 至)

落ち着いて長く暮らせる家とは、建物の基本スペックもさることながら、 それと共に暮らしやすく、そして気持ち良い空間が実現できている家です。
そんな気持ち良い空間を、101のシーンで解説しています。

最高に楽しい[間取り]の図鑑(著者 本間 至)
これから家づくりを考えられている方へ
それぞれの「場所」や「暮らし」から、 最高の「間取り」とは何かを、図版・写真を使いながら分りやすく解説しています。
1章  それぞれの「場所」から「間取り」を考える
2章 「間取り」から読み取る
3章 「間取り」の基本は「暮らし」から

最高に気持ちいい住宅をつくる方法(著者 本間 至)
これから家づくりを考えられている方へ
家づくりの参考になればとの思いがあります。また、ブライシュティフトの住宅設計の思いも、この本から汲み取っていただけるのではないでしょうか。
1章 日常から発想する、心地よい場所
2章 暮らしを包む2つの流れ
3章 暮らしから考える、小さな工夫
4章 生活に溶け込む、家の個性
5章 長く暮らせる安心感と居心地のよさ
「最高の住宅をつくる方法」を大幅に加筆・修正し、判型を大きくしました。

最高の住宅をつくる方法(著者 本間 至)
これから家づくりを考えられている方へ
家づくりのヒントになればとの思いで書いた本。家をつくる際の基本の考え方や、カラー写真とスケッチで過去の事例を紹介しています。
1章 日常から発想する、心地よい場所
2章 暮らしから考える、小さな工夫
3章 生活に溶け込む、家の個性

本間至の住宅デザインノート(著者 本間 至)
住宅設計の楽しさを伝えたい。
そんな思いから描いた本です。
フリーハンドで描いた様々な図面を眺めることで、
住宅設計のきめ細かな部分を、 読み解いていただければと思っています。

最高の住宅をデザインする方法[新装版](著者 本間 至)
住宅を勉強中の方、プロの方、詳しく知りたい一般の方へ
住宅のつくり方についてより詳細に記した本。詳細な図面と事例写真を数多く掲載しています。
1章 プランニング編
2章 部屋・場所編
3章 部位別編
4章 家具編 

最新版 最高の開口部をつくる方法(著者 本間 至)
住宅を勉強されている方、プロの方へ
枠廻りのデザイン手法を、1,000点以上の詳細図面、写真とパースで分かりやすく解説しています。
1章 窓枠廻り編
2章 玄関・水廻り編
3章  内部枠廻り編

> amazon  > エクスナレッジ

実践的 家づくり学校 自分だけの武器をもて(共著)
NPO法人「家づくりの会」を母体とした「家づくり学校」の講師陣によって書かれた本です。この本は、広く住宅設計を目指す人のために書かれたものであると同時に、「家づくり学校」の教科書にもなっています。
この本の中で、第1講「生活から考える」の執筆を担当しています。