小さく住む

敷地の広さに関わらず、必要以上に広くしなくても、豊かな暮らしの場をつくりだすことができます。それは、間取りの工夫から始まり、間取りに則した空間のボリューム、そして、視線の抜け感などをつくることで、小さな家に居心地のよさを与えていきます。